夫の帰りが遅い理由とは

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた

夫の帰りが遅い理由は?夫の帰りが遅い理由と妻がとるべき行動


一日だけなら、夫の帰りが遅くとも気にはなりませんが、頻繁に続くと気がかりですよね。夫の帰りが遅い理由は様々です。今回は、夫の帰りが遅い理由と、妻がとるべき行動について解説していきます。


夫の帰りが遅い理由4つ


@仕事が忙しい
もっともよくある理由が、単純に仕事が忙しいという理由でしょう。仕事が理由で忙しい場合、「早く帰ってきてよ」と夫を責めすぎるのはNGです。夫自身が早く帰宅したいと思っていても、職場の空気だったり、仕事量だったり、なんらかの理由で帰れないことは多いのです。男性のなかには、「仕事の愚痴を彼女や妻にいうのは、かっこわるい」と感じている人もいるので、口では言わないけれども、連日続く残業にストレスを感じている場合もあります。そんなときに、妻からも責められたら、ますます追い詰められてしまうでしょう。仕事が忙しいことを理由に、帰宅が遅い場合は、ねぎらいの言葉をかけるなど、きちんと労わってあげましょう。子供が小さい場合はとくに「私にばっかり家事・育児をおしつけて最悪」と不公平感が生じる場合も多いでしょう。その場合は、「仕事がんばっているのは分かるけど、私の気持ちも理解してほしい」と伝えるのはありでしょう。お互いに気持ちを抑え込んでしまっていては適切なコミュニケーションができません。一方的に責めるだけではなく、お互いの気持ちを誠実に伝えあうことが大切です。また、「連日会社に泊まる必要があるのに、残業代がでない」「残業しないなんて、やる気はないのか、と恫喝された」など、夫の会社が行き過ぎたブラック企業である場合は、転職を考えるか、労基に相談する、または残業代をきちんと支払ってもらえるように弁護士に相談する、などを対策を提案してみる必要がある場合もあります。


A飲み会が多い
会社の飲み会が多いために頻繁に帰宅が遅くなる場合は、もしそれが嫌なら、きちんと嫌だと夫に伝えましょう。営業職や経営者などの場合は、飲み会も仕事のうち、という場合もありますから、本人が行きたくなくても行かなければならないケースもあります。ですから「飲み会に行くなんて、家庭のことを省みていない」とは一概には言えません。「その飲み会に行く必要があるのか」を聞いておくことで、遅くなっても「仕事だから仕方ない。彼も頑張っているんだ」と納得感が得られます。仕事関連の飲み会が多い場合は、それに行く必要があるのか、聞いてみましょう。


B浮気している
あまり考えたくないことですが、浮気相手と遊んでいるために帰宅が遅くなっているというケースがあります。この場合は、離婚したいか、関係を続けたいかによって対応は変わってきます。まず、離婚したい場合には、浮気の証拠を押さえる必要があります。なぜなら、相手が離婚したくないと考えている場合、浮気の証拠がなければ離婚に応じてくれない可能性があるからです。また、証拠がなければ、浮気の慰謝料を請求することもできません。浮気の慰謝料は一般的には40万〜200万円ほどだといわれており、夫と浮気相手、それぞれから徴収することができます。浮気の証拠として強力なのは、肉体関係を示す証拠です。たとえば、ラブホテルに出入りしている二人の写真や、浮気相手の自宅に頻繁に出入りしている写真などがあれば、慰謝料請求は確実にできるでしょう。一方、浮気をしているとしっても離婚したくないという場合でも、少しは浮気の証拠を見つけておいた方がいいでしょう。証拠をみせることで、夫の反省をうながせたり、二度と浮気をしないと誓わせたりできる可能性があります。


C家に帰りたくないという気持ちが強い
やっかいなのは、とくに理由はないけれど家に遅く帰ってくる、というケースです。その場合、夫が「なんとなく家に帰りづらい」「家には居場所がない」と考えていることが多いです。せっかくの家族なのに、そんな風に感じてしまうのは寂しいですよね。できる限り二人で協力しあって、家庭を居心地がいい場所にしていく必要があります。「怒ってばかり」だという人は、態度を改めて、夫が何かしてくれたときは感謝の気持ちを伝えましょう。「早く帰ってきてくれたらうれしい」という気持ちを言葉でストレートに表現することもお勧めです。「自分はこの家庭で必要とされている存在なんだ」と感じることができたら、自然と家庭に帰りたいという気持ちが芽生えるでしょう。


夫の帰りが遅いと感じたら

今回は、夫の帰りが遅くなる理由と、どのように妻が対処すればいいのか、について解説してきました。家庭が居心地がよく、夫婦仲がよい場合、夫は早く家に帰りたいと思うようになります。家庭を居心地が良い空間に作り上げていくためには、お互いが自分の我を押し通すのではなく、夫婦の歩み寄りが不可欠でしょう。


PAGE TOP ▲