不倫した旦那からの一方的な離婚宣告は悲劇のはじまり

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた


不倫した旦那から急に離婚を切り出されら?妻の悲劇的な3つのケース


これからも夫婦生活がずっと続くと思っていたところに、
旦那から一方的に離婚を切り出されたら?

旦那から突然の離婚宣告で、頭の中が真っ白になるかもしれませんが、
グズグズしていると最悪の悲劇的な結果になる可能性もあります。

その結果次第では、将来に大きな影響を及ぼす可能性もあります。

旦那からの一方的な離婚宣告が、どんな悲劇をまねくのか、これまでに見聞きした内容から3つのケースをご紹介したいと思います。

不倫した旦那から急に離婚を宣告された結果起こる悲劇3つのケース

・強制的に別居させられた

一番多いケースが、「強制的に別居させられた」ケースです。
これまで夫婦が一緒に暮らしていた家から、旦那が出て行く、または、
旦那から追い出されるということがあります。

強制的に別居をさせられ、旦那から家を追い出されたとしたら、
これから生活する場所に困るという切実な問題に直面します。

逆に、旦那が家から出ていった場合、家のローンが残っていたり、
家賃を旦那の収入から払っていると、ローンや家賃の支払いを延滞してしまうこと
も考えられます。



・親族がみんな敵になった


旦那さんの両親や親族がみんな敵になるケースがあります。

「旦那が不倫をしたのは、妻さんが旦那を引き止めることが出来なかったからだ!」と理不尽に、不倫の原因まで奥さんの所為にされ、罵りを受けたという方もいます。

また、奥さんのご両親や家族まで、離婚のことを責め、実家に帰っても
居場所がないという悲惨な経験をされたことのある方もいるようです。

旦那さんの両親・親族、自分の両親や家族の全てが敵になることは稀ですが、
日本では未だに男尊女卑の残る地域や世代もいるため、離婚では女性の立場が弱くなるのは珍しくありません。


・生活費を一切家庭に入れてくれない


旦那からの急な離婚宣言を一時は思い留めることが出来ても、
旦那が家庭に生活費を入れてくれなくなったというケース
があります。

兵糧攻めというわけではありませんが、家庭に生活費を入れなければ、
妻から離婚を切り出してくるかもしれないと考えて行動する男性もいます。


また、単純に不倫相手と過ごすためにお金が必要で、家庭に入れるだけのお金を持ち合わせていないということもあります。


悲劇的なケースを回避する離婚への備え


ここまで3つの悲劇的なケースをご紹介しました。

不倫した旦那から急に離婚を切り出させたことによって、
奥さんが大きな損害を被る可能性は非常に高いです。


その損害は、離婚後の生活に影響を及ぼす場合もあり、旦那と離婚した後も苦しめられる場合があります。

そのため、旦那が急に離婚を切り出してくる前に、奥さんは離婚に備え、
損害を少しでも軽減する方法を知っておく必要があります。



・自活を目指す

専業主婦として夫婦生活を過ごしてきた方は、何か自分でも出来る
仕事を見つけて、自活できるだけの収入を手に入れておくことをおすすめします。

この自活ですが、離婚までは大きな収入は必要ありません。
月に数万円、多くても10万円ほどの収入があれば、貯金をしておくことで、
万が一の時の備えとなります。


・頼れる味方を見つける

もしも離婚となった時、どんなことでも相談ができる、
頼れる味方がいると心強いはずです。


頼れる味方には、学生時代からの友人や近所の人、
旦那以外の家族などが候補になります。

頼ることのできる味方が一人いるだけで、
離婚となったとき強い支えとなってくれます。

その人に頼り過ぎは危険ですが、
一人でも多く相談出来る人を見つけておくことが大事です。

周囲に相談できる人がいないという場合は、離婚カウンセラーや弁護士など、
離婚に関する相談が出来る場所を見つけておく事をおすすめします。


・不倫の証拠を見つける


不倫が原因で旦那さんから離婚を切り出されるなら、
その不倫の証拠を見つけておきましょう。


不倫の証拠があれば、旦那さんとその不倫相手に慰謝料の請求をして
離婚することもできます。

また、離婚による謂れのない中傷も、旦那さんの不倫が原因だとわかっていれば、
周囲の人間を味方にしやすく同情的になるはず
です。

この不倫の証拠を手に入れるためには、旦那さんの生活態度をよく観察してください。


  • 服装やアクセサリーの趣味が変わっていないか。
  • スマホを隠れてコソコソと使っていないか。
  • 休日になると一人で出かけることが増えていないか。
  • クレジットカードの支払い額が増えていないか。


など。

こうした些細な変化を見つけて記録しておけば、
不倫を暴くことに繋がるかもしれません。

ですが、決定的な不倫の証拠が見つからないという場合は、
自分で旦那さんの不倫を調べるのではなく、浮気調査を行っている
探偵や興信所に調査を依頼して調べてもらうのも一つの手段です。



泣き寝入りなんてしたくない


旦那さんから一歩的に離婚を要求され、理不尽な目に遭っても、
泣き寝入りしてしまう女性は少なくありません。

ですが、不倫などの離婚原因があるなら、その証拠を掴み、
旦那さんと不倫相手にはキッチリと責任を取ってもらいましょう。

もしも旦那さんから離婚を急に切り出されたという方は、
その原因が不倫かもしれないという事を考えて、適切な行動を取るように
してください。

どんな行動を取ればいいのかわからないという方は、弁護士や探偵事務所へご相談ください。離婚や不倫の証拠集めについて適切なアドバイスをしてくれるはずです。


PAGE TOP ▲