不倫中の男性が離婚を決断する瞬間とは。

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた


不倫中の男性が、妻との離婚を決断してしまう5つの理由


「妻とは離婚するつもりだから、待っていてほしい」と言う男性のほとんどは実際には離婚しません。

なぜなら、多くの場合、そういった口約束は不倫相手の女性の心をつなぎとめるための方便にすぎないからです。

また、実際に離婚をしようという気持ちが一時的にあったとしても、社会的なプレッシャーなどから、男性は簡単には離婚できず、離婚問題でもめているうちに「やっぱり離婚はしないでおこう」と決意することも多いのです。

ですが、まれに妻との離婚を決断してしまう男性もいます。
今回は、不倫中の男性が妻との離婚を決断してしまう理由について解説していきます。

「夫が不倫をしていて、離婚を切り出された。なぜ離婚という決断をしてしまったのか知りたい」という女性の方はぜひチェックしてみてください。


不倫中の男性が妻との離婚を決断する理由


@夫婦関係が冷めきっている


不倫中の男性が妻との離婚を決断する理由には、不倫相手のことを本気になってしまったケース、妻と一緒にいることが苦痛になったか、まったくメリットを感じられなくなったケースがあります。

夫婦といえど、しょせんは他人ですから、長い間一緒にいるうちに愛情が覚めてしまうことはよくあります。

家庭内で会話がなかったり、妻側も浮気をしていたり、家事や金銭的なことで喧嘩が絶えなかったりした場合、夫は離婚を決断しがちです。

逆にいうと、不倫相手とのアバンチュールがいくら魅力的でも、夫婦の関係が円満であり、家庭の居心地がよかったら、なかなか離婚という決断はできません。

「妻との関係は冷めきっている」と言いながら離婚しない男性は、実際は家庭生活がうまくいっており、「家庭こそがくつろげる場所だ」と感じている場合も多いのです。

つまり、夫が魔が差して不倫をしてしまった場合でも、夫婦間に人としての信頼関係や居心地のよさがあれば離婚には至らないケースがほとんどなのです。


A子供がいない


離婚を阻害する要因が少なければ少ないほど、男性は簡単に離婚します。

ですから、子供がいる家庭より、子供のいない家庭の方が離婚に踏み切りやすいのは自明のことでしょう。

日本では、離婚となったときに親権をとるのは圧倒的に母親が有利です。
妻への愛情が覚めていたとしても、娘や息子に対する愛情が冷めきってしまう父親はあまりいません。

離婚することによって子供たちの成長を身近に感じられなくなったり、月に一度しか会えなくなるようなことは避けたいと大半の父親は思います。

そのため、子供がいると離婚はとても難しくなります。
それゆえ、「子供が成人するまでは離婚できない」と考えている人もいます。

子は鎹と言う通り、子供がいることで夫婦の絆は切っても切れないものになることが多いのです。


B不倫相手が妊娠した


「不倫したからといって妻とは離婚しようなんて考えてもいなかった」という人でも、不倫相手が妊娠したことが分かれば話は違ってきます。

不倫相手に対して恋愛感情があれば、「おろしてほしい」ということは言えないでしょう。

不倫相手が妊娠した場合、腹をくくって離婚を決断する男性もいます。
ですが、そのさい、馬鹿正直に「不倫相手が妊娠したから離婚してほしい」と妻に言う男性はほとんどいません。

たいていは別の理由をでっちあげます。
なぜなら、不倫していることがバレた時点で、妻から夫と不倫相手に慰謝料を請求する権利が発生してしまうからです。

不倫の慰謝料の相場は、40万〜200万円ほどだといわれています。
この慰謝料は夫と不倫相手、それぞれに請求することが可能ですから、最大で400万円ほどになります。

不倫相手が妊娠したことによって、新しい家庭を作ろうとしているときに、数百万の出費はさけたいところです。

そのため、不倫相手が妊娠したことは、男性は離婚して事態がおさまるまで必死で隠そうとするでしょう。

「夫からいきなり離婚を突き付けられた。不倫していたのでは」と疑いが生じた場合は、興信所や探偵事務所などに調査を依頼することも一案です。

C独身に戻りたくなった


不倫相手と知り合って恋愛しているうちに、「もしかしたら独身に戻った方が気楽に遊べるのでは」という思いが芽生えてくる人もいます。

このタイプは、そもそも家庭の温かさをあまり求めておらず、結婚に向いていません。

結婚したあとに、不倫をすることで、「自分は結婚には向いていないタイプだった」と後から気が付く男性もいます。

こういった男性と結婚してしまったら、夫が浮気の常習犯になりストレスを抱えてしまうか、すぐに離婚してしまうことになるでしょう。ですから、結婚する前に、しっかりと浮気癖がないか確認しておく必要があります。

D 妻に女を感じなくなった


不倫している男性は、自分の妻と不倫相手の女性を比べることがよくあります
妻と不倫相手の女性を比べたとき、妻に女を意識できなくて、不倫相手を選ぶということがあります

例えば、妻と長年セックスレスだったりして、妻とのスキンシップが極端に少なかったりすると、それを理由に夫が離婚を決意する可能性だってあります。

妻からすると子育てや家事のことがあり、自分に女の魅力を求められても困る、
と思うかもしれませんが、男はいつまでたっても妻に女らしさを求めます。

離婚を回避するのは不可能なのか?

残念ですが、不倫中の男性が離婚を決断した場合、離婚を回避するのは難しいです。

奥さんや家族から気持ちが離れてしまっていて、不倫相手に気持ちが向いている状態では、そこから関係を修復して離婚を思い止まらせるには、かなりの努力が必要です。

むしろ、離婚したほうが後腐れがなく、不倫をされたというキズを一生抱えて共に生活をするより、精神的な負担も少ない場合もあります。

離婚が必ずしも不幸とは限りません。
夫の気持ちが変わらないのであれば、離婚も選択のひとつです。

ただし、不倫が原因で離婚するなら、慰謝料の請求や離婚後の生活の準備をしてから離婚をするべきです。

慰謝料を請求するには、不倫の証拠が必要になります。

夫が不倫をしている気配があるなら、本当に不倫をしているか浮気のチェックなど自分で出来る事をまずやってみましょう。

夫の不倫で困っている、不倫をしているかどうかハッキリさせたいという方は、浮気調査を探偵に依頼して調べてもらうのも方法の1つです。


PAGE TOP ▲