浮気男がよく使う浮気の言い訳とは

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた

浮気している男がよく使う言い訳8個


浮気している男は、自分の過ちを隠そうとしたり、バレた後でもいいのがれを続けて、自分の非を絶対に認めようとしなかったりする場合が多々あります。

今回は、浮気している男がよく使いがちな言い訳と、浮気を再発させないための対策についてご紹介していきます。


浮気している男がよく使う言い訳 バレる前・編

まずは、浮気がバレる前に男がよく使う言い訳についてみていきましょう。

ケース1 仕事が忙しい・時間がない


最も多い言い訳は、仕事を口実にするケースです。

浮気相手とデートしたりするためには、本命にはバレないように言い訳をしておく必要があります。

その際に最も使いやすいのが仕事なのです。

仕事が忙しい、と言われたら、何も言うことはできなくなります。

仕事が忙しいのに、自分のわがままで彼の時間を奪ったり、浮気を疑ったりするのは申し訳ないと思う女性は多いでしょう。

仕事、と言われると何も言えなくなることを浮気男は熟知しているので、仕事を言い訳に浮気をしがちなのです。

また、同様に、時間がない、忙しい、などの言葉も、実は単に「浮気相手とデートするので、君に使う時間はない」という意味の場合もあるのです。

仕事を言い訳に約束を破り続ける男は怪しいと考えていいでしょう。


ケース2 携帯のせい


深夜に電話がつながらなかったり、電話したのに切られてしまったりした場合、浮気を疑う女性は多いでしょう。

そんなときに浮気男が用いる言い訳は、 「携帯の調子がおかしかった」「携帯を職場に忘れてきた」など、 携帯のせいにする、というものです。

肌身離さず携帯を持ち歩いている男性が、「携帯を◯◯に忘れていた」と言う場合は、怪しいと考えてよいでしょう。


ケース3 架空の姉妹

彼の自宅にピアスやコテなど、女性しかほとんど使用することがないと思われるものが置かれていた場合、浮気の可能性が濃厚です。

ですが、浮気男は決定的な証拠が現れてもなお否定する場合が多々あります。

そんなときに頻繁に使われる言い訳が、 「いもうとが泊まっていったから」「姉貴のやつ」などです。

実際に姉妹がいる場合もあれば、たちが悪いケースでは架空の姉妹を出現させるというパターンもあります。

自宅に女性の長い髪が落ちていたり、化粧品が置いてあったりした場合は、いくら姉妹のものと言われても浮気の可能性が消えたわけではないと心得ておきましょう。


浮気している男がよく使う言い訳 バレた後・編

次に、女性とふたりきりでご飯を食べにいっていた、イチャイチャ気味のメールが見つかった、などの浮気の証拠がバレた後に男性がよく使う言い訳をみていきましょう。

ケース1 ご飯を食べただけ

よく使う言い訳は、「仕事のことを話していただけ。 ご飯だけで、何もなかった」などというものです。

ご飯を食べていただけで、体の関係はなかった、としらばっくれる浮気男は多いのです。

ケース2 たった一度だけ

体の関係が明らかになった場合でも、「たった一度のことだった。もう二度とない」

など、一度だから許されるとでも思ったかのような発言をしてくる男性もいます。

ケース3 相手の女性が悪い

タチの悪い男性の場合、「彼女から誘ってきた」と女性側のせいにするケースもあります。

こういった男性とは一刻も早く別れた方がよいでしょう。

ケース4 愛しているのは君だけ

「たしかに浮気はしたけど愛しているのは君だけ」と浮気の事実をケムにまいてこようとする男性もいます。

ですが、浮気をした事実は変わることはありません。

浮気をすることで本命の彼女を傷つける可能性があるということは無視できるほどにしか、愛していなかった、というものまた事実なのでしょう。

ケース5 浮気しない男はいない

「たしかに浮気はした。でも浮気をしない男はいない」と開き直るケースもあります。

「男は浮気をするものだから」と浮気を許す必要はありません。

男女関わらず、浮気をする人はするし、しない人はしません。男は浮気をする生き物なのではない、その男は浮気をする生き物だ、と言うだけの話なのです。


浮気を再発させない方法は「浮気によって失うものを自覚させること」

浮気していることが本当だった場合、浮気を再発させない方法はただ一つしかありません。

それは、失うものの大きさを自覚させること、つまり、「次浮気したら、言い訳も何も聞かず即別れる」と告げることです。

これでも浮気をされた場合、彼はあなたを失ってもいいと考えていることになりますから、そんな男とはすぐにでも別れた方が良いでしょう。


PAGE TOP ▲