パワハラ被害を盗聴して録音したら犯罪になるのか?

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた

パワハラの実態を盗聴したら犯罪?盗聴した録音データは証拠になるのか


会社の中でパワハラで悩まされている方の中には、
相手のことを訴えようとしている方もいらっしゃるはずです。

実際に、パワハラ訴訟を起こした方の中で勝訴した方は
どういった証拠を集めたのでしょうか?

またどういった手順で準備すればパワハラを証明することができるのでしょう。

ここでは、パワハラに悩む人がボイスレコーダーなどで録音した場合に
集めた証拠が、パワハラの証拠として有効なのか、犯罪行為にならないのか
という点について詳しく解説したいと思います。

パワハラを訴えるには

・証拠集め

パワハラで訴訟を起こすためには何をおいても証拠が必要です。

大変なことかもしれませんが、証拠が不十分だと
余計なストレスでさらにダメージを受けることにもなりかねません。

なので、パワハラを受けていても必ず証明して見せると
心に誓っていただき、証拠を集めるようにしましょう。

・パワハラの相手に直接訴える

これは勇気がいることかもしれませんが、パワハラをしている本人に対して、
パワハラをやめるように直接伝えます。

パワハラを行っている本人は、自分がパワハラを行っていると
自覚がないこともあります。


相手に直接伝えることでパワハラが改善する可能性もあります。
この方法はパワハラを当事者同士で解決する、一番穏便な方法とも言えます。

しかし、直接パワハラを伝えたのにも関わらずパワハラが改善されない場合や、
パワハラを否定する人もいます。そんな時のためにパワハラ行為の証拠があれば
その証拠をもとに相手を説得することもできます

また、パワハラを直接伝えたことで、相手が逆上したりして、
パワハラ行為がさらにエスカレートする恐れもあるため、
パワハラの証拠があれば、会社にパワハラの実態を訴えることも
考えておきましょう。


もしも、パワハラを行う本人に直接話し合いをする場合は、
その話し合いの場の会話も証拠として録音しておくといいでしょう。

これまでパワハラを行ってきた相手に直接話しをするのは、かなり勇気が必要です。

一人では難しいという場合は、周囲に自分と同じようにパワハラの被害を
受けている人がいれば、その人達と協力してパワハラの被害を当事者や
会社に訴えることも考えてみてはいかがでしょうか。

・会社に相談してみる

次に、まだ会社に在籍している場合は相談してみることをおすすめします。

会社と言っても、他の上司やパワハラ相手の上司や労働組合
人事部などのことです。

そういった信頼できる相手に相談することが重要です。

この時もしっかりと証拠があれば積極的に相談ができるため、
証拠を集めておくことが重要です。

・会社外の人に相談する

会社にパワハラの相談をしたが解決しなかったという場合は、
外部の人にパワハラ被害の実態について相談する方法があります。

合同労組など、パワハラの相談ができる外部の組織(団体)に
相談を持ちかけます。


パワハラの相談窓口を持つ組織・団体は複数あるので、
状況に応じた相談相手を見つけるようにしましょう。

この時も、パワハラ行為の証拠、当事者や会社と話し合いをした際の
会話の録音データがあると、相談もスムーズに進みます。

・弁護士事務所に相談する

ここまでご紹介した方法でパワハラが解決しなかった場合、
訴訟を視野に入れる必要があると思われます。

パワハラ訴訟に詳しい弁護士へ相談をして、訴訟の手続きを
進めることも考えるべきだと思います。

直接弁護士に相談するのは難しいという方は、ネットの無料相談を使えば、
匿名で相談することができるので、弁護士事務所に直接訪ねて相談するより
気軽にパワハラ被害の相談ができると思います。

弁護士に相談をする際、または訴訟手続きを進める上でも、
パワハラの証拠は必要です。


ここでもパワハラ被害の証拠や当事者・会社と話し合いをした時の録音データ
があれば、相談と訴訟に役立ちます。


パワハラを証明するための録音の仕方


最も重要なことはパワハラを受けたことを証明できる証拠ですが、
パワハラは特に形に残らない方法で行われるものが多いため、
ボイスレコーダーを使って録音することが最も効果的です。

最近はスマホをボイスレコーダー代わりに録音することができるため、
自分の身を守るためにも可能な限り録音しておくといいでしょう。

その他に、パワハラを受けた日時や内容について形で残しておくことや、
他の人の証言を集めておくことも大切です。

パワハラについて訴訟を行う場合、なるべく多くのパワハラ被害の
証拠があると後々有利になります。

また、パワハラを受けた期間が長くなるほど認められやすくなると言われています。
誰がいつパワハラを受けたのかをきちんと残しておきます。

また、パワハラを会社に伝えたのに全く動いてくれなかったとか、
不当に扱われたなどがあればそれを形にして残しておきましょう。

パワハラが行われていることを録音しても盗聴になることはありません。

では、具体的にボイスレコーダーで録音するにはどうすればいいのでしょうか?

まず、会社に着いたら録音を始めポケットなどに
ボイスレコーダーをセットしましょう。

その後は仕事が終わるまで録音し続けるだけです。
自宅に帰ったらパソコンに録音したデータを保存しておきます。

市販のボイスレコーダーでも、本体のストレージに10時間以上
録音できる機種もありので、就業時間1日分の録音ができると思います。

また、データはコマ目に保存しておき、日付や簡単なメモを残しておくと、
後で証拠を整理するとき楽ですし、相談で証拠が必要な時に説明が
やりやすくなります。


最後に

もしも、パワハラを受けているならボイスレコーダーを使って
録音しておくようにしましょう。


訴訟となれば大切な証拠となります。

ボイスレコーダーを使って録音したものだけでなく、パワハラの事実を
日記などに書き残していれば、それもパワハラの証拠として後で提出できます。

それに、その際に録音されたものは盗聴という扱いにはなりません。

証拠さえあれば、会社側も動かざるを得ませんので、
例えば会社を辞めることになったり、長期間休むことになっても、
自分を正当化させる証拠になってくれます。

会社側を訴える際にもパワハラの証拠として使うことができます。
会社を辞めることになっても、長期間休むことになっても
この証拠は最大の武器になるはず。

また、今後パワハラを受けるようなことがあったり、これはパワハラでは?
と感じた場合は、一人で悩まずに、専門家に相談してみることも
考えておきましょう。


PAGE TOP ▲