盗聴器を発見しても、撤去には資格が必要な場合がある。

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた


盗聴器を発見後、撤去する為に必要な資格とは

盗聴されているかもしれない。

そして、実際に盗聴器を発見してしまった場合、一刻も早く盗聴器を撤去したいと思いますよね?しかし、焦る気持ちを抑えて少しだけ待ってください。

実は、盗聴器を撤去する為には資格が必要になる場合があるのです

もし、資格を持たずに撤去してしまうと最悪のケースでは、告訴されてしまうこともあります。今回は、盗聴器を撤去するために必要な資格について紹介します。


全ての盗聴器の撤去に資格が必要なわけではない

盗聴器は様々な場所に仕掛けられています。

そこで知っておくべき事が、どのような場所に仕掛けられているのが、多いのかという事です。

代表的なところでは電話コンセント携帯電話の充電器掛け時計といった場所になります。

基本的には、全ての電化製品に盗聴器を仕掛ける事が可能なのです。

そのため、盗聴器を探す際にはそのような場所から探す方が効率的になります。

では、実際に盗聴器を発見した時には、どうすればいいのでしょうか?
もちろん、一刻も早く撤去したいと思いますよね。

ほとんどの場合、盗聴器の撤去には資格が必要ありません。

しかし、ある特定の場所に仕掛けられていた場合には、撤去するのに資格が必要となります。

その場所というのが、電話線と保安器端子函とコンセントの裏になります。


どのような資格が必要になるのか?

では、実際にどのような資格が必要になってくるのでしょうか?

実は、撤去すべき盗聴器が仕掛けられていた場所によって、必要な資格は変わってきます。

電話回線上に仕掛けられている盗聴器を撤去する為には、どのような資格が必要になるのでしょうか?
それが「アナログ第3種工事担当者」という資格です。

盗聴器を仕掛けられる場所として、電話回線上が選ばれる事があります。
電話線や保安器、端子函といった場所です。

もし、仕掛けられていた場所が電話機であれば、資格がなくても誰でも撤去する事が出来るのですが、電話回線上となると話が変わってきます。

その理由が、電話機というのは個人のものになりますが、電話回線上のものは個人の保有物とは違うという部分が大きく関係しています。

私たちは、電話回線を借りることによって使用しています。

そして、それは誰にとっても同じです。
そのため、電話回線などは公共のものとなります。
そのため、適切に管理されなければいけません。

そして、管理する為にはルールが必要になってきます。
そのルールこそが、電気通信事業法という法律なのです。
ルールを作り、適切な技術と知識を持った人による管理があるからこそ、誰もが安心して使用できる環境ができるのです。

そのため、電話回線上に仕掛けられた盗聴器を撤去する為には
「アナログ第3種工事担当者」という資格が必要になります。

同様の理由から、コンセントの裏に仕掛けられた盗聴器を撤去する為には、
第2種電気工事士」という資格が必要になってきます。

コンセントタイプの盗聴器延長コードタイプの盗聴器の場合には撤去に資格は必要ありません。


盗聴器の撤去はどこに依頼するべきなのか?

盗聴器が仕掛けられている場所によっては、撤去するのに必要な資格がある事が分かりました。
では、このような場所に盗聴器が設置されていた場合には、どこに撤去を依頼すればいいのでしょうか?

盗聴器を仕掛けられているかもしれない。

そんな不安に襲われた時に、頼りになるのが探偵事務所です。
依頼する時には、盗聴器の発見から撤去までを頼みたいですよね。
そのため、確実に撤去できる探偵事務所でなければ意味がありません。

そこで、大切になってくるのが依頼する探偵事務所が確実に撤去する事ができるのか?という点です。

撤去するのに資格が必要になる場合があるので、資格の有無を確認しておく必要があります。

もし、資格がない探偵事務所に依頼してしまうと、撤去する為に更に別の業者に頼まなければいけなくなるので二度手間になりますし、料金も余分にかかってしまいます

このような事を防ぐ為にも、予め探偵事務所に資格の有無を問い合わせるようにしましょう。

そして、事前に撤去時にかかる工事料金についても確認しておいてください。探偵事務所によっては、調査費用に含めている場合もありますし、別途料金が必要になる事もあります。後々のトラブルを防ぐ為にも、事前にしっかりと確認しておくようにして下さい。


まとめ

盗聴器を撤去するには、仕掛けられている場所によって資格が必要となる事があります。そして、その資格の種類は仕掛けられている場所によって変わってきます。

電話線や保安器、端子函といった電話回線上に仕掛けられていた場合には
「アナログ第3種工事担当者」という資格が必要になります。

コンセントの裏に仕掛けられていた場合には、「第2種電気工事士」という資格が必要です。

一刻も早く撤去したい気持ちは分かりますが、もし自分で発見しても必ず業者に頼むようにしてください。

そして、調査と撤去、または撤去だけでも探偵事務所に頼む場合には資格の有無を確認するようにしてください。
確実に安全に撤去して、安心して過ごせる生活を取り戻しましょう。


PAGE TOP ▲