離婚が成立するまでの期間はどれくらい?

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた

離婚成立までにかかる期間は?最短で離婚する方法はあるのか



離婚したい、と思ったらできるだけすぐに離婚したいですよね。

明日にでも離婚したい!という人も多いと思いますが、
離婚を決めたからといってすぐに離婚できるものでもありません。

相手が離婚を拒む場合や、財産分与などでもめたり、親権について話し合ったりする時間が必要です。

とはいっても、離婚は精神的に大きなダメージになることが多いものです。

離婚の話し合いは最短で終わらせて、ストレスから解放されたいですよね。
今回は、離婚はどれくらいの期間があればできるのかと、離婚を最短でするための
ヒントについて解説していきます。

これから離婚を考えているという方や、現在離婚協議中の方は
ぜひ参考にしてみてください。

離婚成立までにかかる期間は?

1. 最短!3か月で離婚を成立させるには


離婚の理想的な方法は、「離婚したいんです」とどちらかが提案し、
その提案に「私(僕)もそう思っていた。離婚しましょう」とお互いの意志が
一致することでしょう。

多いのケースでは、離婚の意志が一致していたとしても、
離婚にまつわる慰謝料・財産分与・養育費などでもめますが、
まれにすぐに合意に至る場合があります。

すぐに合意に至るケースで多いのは、
一秒でも早く離婚したいがために、どちらかが譲歩した条件を出した場合」です。

たとえば、専業主婦の家庭の場合、離婚するとなると妻の離婚後の生活がどうなるか、が問題になってきます。

そういった場合に夫側が「財産分与は○○。◯年間◯円を生活費として振り込む」など好条件を提示することで離婚がすぐにまとまる場合があります

最短で離婚が決定しても、すぐに離婚届を出せるわけではありません。

その前にすべきことがあります。財産分与についてリストアップを行ったり、
離婚協議書や公正証書を作成する必要があります。


公正証書は必ず作成しておくべきです。
というのは、公正証書には財産を差し押さえる強制力が働くからです。
「養育費を◯円支払う」と公正証書に記載しておけば、支払いが滞った場合、
銀行口座などを差し押さえることもの可能です。

「そんな書類を作成しなくても、私は夫を信じてるから。
僕は妻を信頼しているから」と書類作業を省くことはお勧めできません。

なぜなら、口約束が守られる可能性はどこにもないからです。
あとからトラブルになることを避けるためには、きちんと書類にしたためておく
必要があるでしょう。

ですから、最短で離婚を成立させる場合でも3か月程度はかかると考えておくのがよいでしょう。

最短で離婚を成立させるためにはお互い条件を譲歩して争う期間を短くする必要があります。ですが、「早く離婚したい」という一心で譲歩しすぎるとのちのち後悔することにもなりませんから注意が必要です。


2.【弁護士に依頼】半年以上たっても離婚話がまとまらないときは


二人で話し合っていてもまとまらず、半年以上たっても
離婚話がまとまらない場合は、第三者が介入して話を進めることになります。

半年以上たっても離婚話がまとまらない場合は、
「じゃあ間に弁護士を入れよう」と考える人も多いでしょう。

なかには「弁護士をいれるなんて、大ごとになってしまいそうで」
「弁護士に頼むとお金がたくさんとられるのでは」と弁護士を介入させることを躊躇される人もいますが、離婚話がもめている場合、結局は弁護士に途中から頼ることも多いので、半年以上たっても離婚話が進まない場合は、弁護士に頼った方が賢明でしょう。


3.【離婚調停】弁護士が介入したらどれくらいで離婚はまとまる?


弁護士に依頼し、離婚協議を行い、そこで話がまとまることも少なくありません。

ですが、話し合いで解決しない場合は、離婚調停に進むこととなります。
離婚調停は家庭裁判所に申し立てをして行います。


申し立てから実際に調停が行われるまでは一か月ほどかかります。

第一回目の離婚調停で話がまとまれば離婚成立です。

ですが、実際には一回の調停で合意に至ることは少ないようです。
一回で話がまとまらなかった場合、2回目、3回目にすすむことになります。
離婚調停は、3回で終わりとなります。

ですから、だいたい調停を申し出てから
4か月から6か月くらいはかかると考えておいてよいでしょう。

4.【離婚裁判】長期化するケース


もっとも離婚成立までに時間がかかるパターンは、離婚調停が成立しなかった
パターンです
調停で話がまとまらないとなると、裁判をすることになります

離婚裁判は、早い人で訴訟をおこしてから1年程度で終わる場合もありますが、
2年ほど長引くケースもあるのです。


裁判はお金も時間もかかるので、離婚を長期化させないためにも、できるだけ離婚協議や離婚調停で決着をつけた方がいいといえるでしょう。

離婚を長期化させないための対策

話がまとまらないと、離婚協議→離婚調停→離婚裁判 とどんどん手続きも複雑化、
長期化していきます。

離婚を最短で決めたい場合は、なるべく離婚協議で合意にいたる方法を探しましょう

それには、離婚の手続きを上手く進めるため、離婚の話をする前に対策を取ることが大切です。


PAGE TOP ▲