養育費を支払ってもらうため、差し押さえ方法を確認しよう。

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた

養育費を回収!差し押さえの方法とは?


離婚が成立し、養育費を支払ってもらうように取り決めたからといって、順調に養育費を支払ってもらえるケースばかりではありません。

なかには、養育費の支払いが決定しているというのに、養育費の支払いを滞らせるケースもあるでしょう。

養育費は、子供をきちんと育てるために、あなたがもらう権利のある費用です。
養育費の支払いが取り決められているのにも関わらず、支払いが拒否されたとき、場合によっては財産の差し押さえをすることが可能です。

今回は、養育費の差し押さえができるケース、および差し押さえ手続きについて簡単に解説します。

一人でお子さんを育てるのはそれだけで大変なことです。養育費の支払いが送れている、支払いを拒否されているという方は、ぜひ差し押さえの知識を身につけ、お子さんのために戦っていただきたいと思います。


養育費が差し押さえできる理由とは?
まずは、どういった理由であれば養育費の差し押さえができるのか、を見ていきましょう。


などと言った理由で養育費を支払わないでいることは認められません。
こういった態度をとるようでしたら、養育費の差し押さえを検討しましょう。


養育費として差し押さえできる財産とは?
財産とは、
@債権(給料など)
A不動産(土地・家など)
B動産(不動産以外のもの)
の3つに分けられます。

このうち、養育費として差し押さえが可能な財産は@債権(給料など)にあたります。


養育費を差し押さえるために確認しておくべきこと
養育費の差し押さえ手続きをする前に、以下の2つのことを確認しておきましょう。

・養育費を差し押さえる前に確認すべきこと@住所・財産の把握
差し押さえ手続きをするためには、住所と財産の有無を把握しておく必要があります。住んでいる場所が分からなくなってしまった場合は、一度弁護士に相談してみましょう。
差し押さえ手続きを行うさいには、「どの財産を取り上げるのか」を指定する必要があるため、財産の把握をしておく必要があり、そのため相手の財産状況を知っておく必要がでてきます。相手の財産状況が分からない、という場合も、気軽に弁護士に相談してみましょう。ただし、財産を隠している、もしくは本当に財産が無い場合は、調査をしても見つからないという場合もあります。

・養育費を差し押さえる前に確認すべきことA債務名義を持っているか
養育費を差し押さえるためには、「月○万払うから」などといった口約束ではなく、きちんと養育費を月いくら支払うかを明記した書類が必要です。そういった養育費の存在を明らかにした文書のことを債務名義といいます。強制執行認諾約款付公正証書・調停調書なども債務名義にあたります。きちんとした書類が無い場合は、後から書類にすることも可能ですので、弁護士などの専門家に相談してみましょう。


養育費の差し押さえ手続き
次に、実際の養育費の差し押さえ手続きについて見ていきましょう。

・養育費の差し押さえ手続き@公証役場にいく
離婚時に、公正証書をつくった公証役場に出向きます。公証役場で公正証書の正本を発行してもらい、執行文をつけてもらうよう申し立てましょう。

・養育費の差し押さえ手続きA必要書類を集める
次に、必要な書類を集めます。
必要書類は、
@離婚公正証書正本(執行文の付与されたもので前述紹介した正本)
A送達証明書(公正証書を公証役場から送り相手に届きましたと証明するもの)
B当事者の住民票・戸籍謄本等(離婚公正証書作成後、住民票等を移動した場合必要となるしょる)
C資格証明書(強制執行先である相手の会社など住所等が記載された商業登記事項証明書のこと。法務局で取得可能)
の4つです。

・養育費の差し押さえ手続きB必要書類を作成する
次に
@表紙
A当事者目録(債権者・債務者の住所等を記載)
B請求債権目録(請求する金額を記載)
C差押債権目録(金額・相手方の勤務先を記載)
といった書類を作成します。

・養育費の差し押さえ手続きC裁判所に差し押さえの申し立てをする
上記の必要書類がすべて揃った段階で、裁判所に差し押さえの申し立てを行います。
申し立てたのち、相手方と第三債務者に差し押さえ命令が送付されます。差し押さえ命令が出た場合、あなたにも送達通知書が届きますので、必ず確認するようにしてください。

・養育費の差し押さえ手続きD差し押さえ完了・裁判所に完了届を提出
養育費の差し押さえが完了し、養育費が振り込まれたら、裁判所に取立完了届を提出してください。これで手続きは全て終了です。


最後に
これまでご説明しました通り、養育費の差し押さえ手続きは一見とても面倒なように思えます。ですが、一度やり方を覚えてしまえば簡単なので、お子様の将来のためにも、きちんと手続きをおこなっていただきたいと思います。


PAGE TOP ▲