浮気調査にGPSを使うなら、使い方と注意点を確認しよう。

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた


GPSを使った浮気調査の方法とGPSの使い方の注意点


GPSとはその人が現在どこにいるかを確認できる便利な信号です。

小学生などのお子さんや、放浪癖のある高齢者などに持たせておけば、連絡がなくなってもすぐに捜索することができます。

つまり、浮気の疑いがあるパートナーの行動監視にも十分な威力を発揮できるということ。

しかし、一般的にこのGPSを積極的に持ちたがる人はいません。持たされるということは、パートナーから浮気を疑われているということになり、常に監視をされるということですから当然でしょう。

そんなGPSを、パートナーに気づかれないように上手に活用して浮気調査をする方法を調べてみました。


GPSをパートナーに持たせる方法

GPSを利用して浮気調査をするには、なにはともあれパートナーにGPS機器を持たせる必要があります。しかし、上でも触れた通り、これがなかなか難しい問題です。

一番シンプルに考えれば、パートナーが持っているスマホのGPS機能をONにすることですが、パートナーに言ってしまっては浮気調査になりませんし、パートナーのスマホを勝手に弄るのも難しいところ。基本的にスマホを使っている人の多くはパスコードを利用しており、このパスコードを入手する必要があります。

しかし、これも直接聞くわけにはいかず、解読するのも簡単ではありません。そう考えると、パートナーのスマホを利用するのは現実的ではないといえるでしょう。もちろんパートナーのスマホにGPS追跡アプリを勝手にインストールするのも、同様に至難の業です。

そうなると、スマホ以外にGPS信号を発信する機器をパートナーに持たせる必要があります。そこでGPS機器にはどのよな種類があるのかを確認しておきましょう。


リアルタイム型とレコーダー型

一般的なGPS機器の種類は2種類。ひとつはリアルタイムでGPS信号を発信し、PCなどでチェックできる「リアルタイム型」。もうひとつは危機にGPS履歴を記憶し、後に回収してデータを吸い出すことで、設置期間中の行動をチェックする「レコーダー型」です。

浮気調査に利用するにはどちらが最適かとなると、これは答えが難しい質問に。それはリアルタイム型とレコーダー型で、それぞれにメリットとデメリットがあり、使用する目的が変わってくるからです。つまり浮気調査の方法により、どちらが最適かが変わってくるということになります。

では、双方のタイプのメリットやデメリット、特徴などを確認しておきましょう。


リアルタイム型なら浮気の証拠入手も?
リアルタイム型のメリットはその名の通りリアルタイムでパートナーの居所が把握できるということ。GPS機器をパートナーに持たせて、その位置を自宅のPCやスマホで確認できます。パートナーの怪しい行動を逐一チェックできますので、例えばラブホテルや見覚えのないマンションなどにパートナーガいるようでしたら、現場に駆け付けることで、浮気の証拠となる写真や動画を撮影できるかもしれません。
探偵に依頼して行う尾行を、このGPS機器ひとつで行うことができるということになります。

デメリットは、まずGPS機器の価格です。リアルタイム型のGPS機器は、発信器タイプのものが中心となりますが、当然リアルタイムで電波を飛ばし続ける必要があります。単純に機器だけを購入しても電波は飛ばせません。多くの場合は、GPS機器をレンタルしている会社から借りる形になります。
多くの場合こういったGPS機器は日割りでレンタルする形となり、料金相場は1日5,000円程度。ただし、長期間借りるほど日割りの料金が安くなるケースが多く、1週間借りて25,000円程度、1か月借りて50,000円程度。

これだけ見ると光学に見えるかもしれませんが、仮に1週間探偵に尾行してもらうとなると、100,000〜150,000円は必要ですから、それに比べればはるかに安いといえるでしょう。

こうしたレンタル機器の場合のリスクとしては、発信器の存在に気づかれた時のことがあります。発信器をパートナーに発見されて、パートナーに破棄されてしまった場合、レンタル会社に補償金を支払う必要性があります。

また、GPS機器が発見された場合、ほぼほぼ間違いなくアナタが仕掛けたことがバレてしまいます。アナタがGPSでパートナーを監視していたことがバレてしまうと、なかなか面倒なことになるかもしれません。


レコーダー型は証拠入手には繋がらない?
対するレコーダー型は、ネット通販などでも比較的簡単に購入できます。価格も8,000円前後からと安価なモデルもあり、手軽に使えるのが人気です。リアルタイム型と違い電波を飛ばす必要もないので、例え仕掛けたGPS機器が見つかっても、「私は知らない」とシラをきれば相手もそれ以上責めることはできないでしょう。

メリットとしてはこういった手軽さと、発見された時のリスクの低さですが、当然デメリットもあります。

まずはGPS機器を回収しないとGPSのログを確認できないということです。リアルタイムで相手の位置を確認できないので、パートナーが浮気をしている瞬間をとらえることができないということになります。

これだけ書くと浮気調査には向いていないと思われるかもしれませんが、使い方次第では十分浮気調査に活用できます。

例えばパートナーガ接待ゴルフと言って出かけたはずの日に、ゴルフ場ではなく街中をうろついていたというログが見つかれば、十分浮気の可能性が出てきます。

また、1〜2週間継続して行動をチェックすると、決まった曜日に決まった場所に通っているログが出てくるかもしれません。その場所がラブホテルや住宅街であれば、これまた浮気の可能性が高くなります。

レコーダー型のGPS機器は、即浮気の証拠をつかめるものではありませんが、浮気の可能性を確認したり、浮気を疑われる場所などを特定できる可能性がありますので、こういった使い方に向いています。


GPS機器を使った浮気調査の注意点

このようにGPS機器は浮気調査の大きな手助けをしてくれます。

ただしGPS機器にできるのはあくまでも「手助け」まで。こうしたGPS機器で得たデータだけでは、浮気の証拠にはなり得ません。
GPS機器で得たデータを元に、ピンポイントで張り込みなどを行い、浮気現場で決定的な証拠となる写真や動画を撮影して初めて浮気の証拠が手に入ります。

GPS機器はそのための絞り込みの手段だと覚えておきましょう。

また、GPS機器を持たせる場合の注意点も。
それは、家族など身内の自動車や荷物、洋服などに仕掛ける分には法には問われませんが、浮気相手、つまり他人の車や荷物などにGPS機器を仕込むのは違法行為になります。

もちろんこういった行為がバレたら捕まりますし、捕まらなくても違法行為で入手したデータは裁判などでも証拠能力はもちません。

GPS機器を使った浮気調査は、法に触れない範囲で慎重に行う必要があります。


GPSオススメ活用法

GPSを使った浮気調査には一定の効果が期待できます。

そこでオススメの活用法ですが、GPS機器を一定期間設置し、パートナーの行動パターンを分析。そのデータを持って探偵事務所に浮気調査の依頼をするのがベストでしょう。

多くの探偵事務所は、浮気に関する情報が少ない場合、調査対象者を尾行するしかありません。尾行をするとなるとそれだけ費用がかかります。

先にも触れた通り、GPSのレンタル料や購入代金に比べ、探偵の調査料金はかなり高額になりますので、その分をGPS機器で代用し、費用を抑えるのがベターといえるでしょう。

パートナーが浮気をしているかもしれないと思ったら、まずはGPS機器でパートナーの行動をチェック。浮気の可能性が高まったらそのデータを持って探偵事務所に依頼。というのが近年のスマートな浮気調査の手順かもしれません。




PAGE TOP ▲