浮気の慰謝料を高額したい!慰謝料が高額になる条件とは

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた


浮気の慰謝料を高額にする方法!高額慰謝料を請求する5つの条件


浮気の慰謝料の相場は100万円〜200万と言われています。
金額に開きがあるのは「相手にどれだけ精神的苦痛を与えたか」によって金額が変わってくるためです。
また婚姻関係を継続する場合は精神的苦痛の程度は低いと見なされ100万円以下となります。

別居、離婚などによっても慰謝料変わってきますが、300万円以上の慰謝料を請求しようとした場合は1度の浮気の証拠だけではなく、不特定多数の浮気の証拠や長期間の精神的苦痛を証明しなければいけません。
高額な慰謝料を請求するためにはある条件が必要となります。


浮気の慰謝料が高額になる5つの条件


1.「浮気相手に支払い能力がある」
相手の資産や収入が多ければ多いほど、慰謝料は高くなります。
慰謝料はパートナーと浮気相手の両方に請求は出来ますが、どちらか一方が支払えばもう一方からは受けとることはできません。
つまり妻が浮気をした場合は相手男性に慰謝料を請求したほうが高額となるケースが多いということが言えます。
相手男性が地位のある仕事に就いていた場合は、世間体を気にして内密に処理したがることも見られます。

2.「浮気関係が長期間に及んでいた場合」
浮気をしている期間は精神的苦痛を与えます。
その期間が長ければ相手に与える精神的苦痛も大きくなり、悪質性があると判断され慰謝料増額の対象となります。

3.「特定人物と複数回浮気を行なった場合」
不貞行為が初めてならば出来心で通用するかもしれませんが、複数回の不貞行為を行なった場合は自ら継続する意思があったと見なされます。
浮気行為の回数によっても精神的苦痛が変わり、相手に与える苦痛と浮気の悪質性が高いと判断されて慰謝料増額の対象となります。

4.「浮気が原因で離婚に至った場合」
浮気が原因で離婚に至った場合、婚姻関係を破綻するほどの出来事であり精神的苦痛も大きいと見なされます。
浮気前と変わらず同居をして婚姻関係が継続される場合は精神的苦痛はそれほど大きくないと判断されます。
別居、離婚など今までの生活への影響が大きければその分増額対象と見なされます。

5.「弁護士や探偵に相談する」
浮気相手に慰謝料請求したくても相手の素性がわからなければ請求できません。
そんなときに是非利用して頂きたいのが探偵事務所です。
調査依頼をすれば相手の住んでいる場所、勤務先などの特定ができます。
パートナーと関係を継続したい場合は、浮気相手と別れさせなければいけません。
弁護士と提携している探偵事務所では相手との示談交渉の場をセッティングしているところもあります。
相手から誓約書をもらうことで、パートナーに知られずに自然と浮気相手別れさせることもできます。
慰謝料請求のアドバイスも行なっていますのでご不明なことがあれば一度ご相談ください。


浮気の責任をきっちり払って貰いましょう!


浮気の慰謝料は、浮気をしたパートナーと浮気相手の収入の大きさが慰謝料の金額に影響します。
そのため、慰謝料を請求する相手の収入が少なければ、要求する金額を払ってもらえないということがあります。

慰謝料の金額が減額したり、慰謝料を払ってもらえないという事を防ぐためにも、ここでご紹介した条件を満たし、その浮気がより悪質な行為であった事を証明しなくてはなりません。

そのため、浮気の慰謝料請求では事前の準備がとても大切です。
浮気の証拠を集め、慰謝料請求の交渉準備を行ってください。

上の条件でご説明しましたが、一人で準備が難しい場合、弁護士や探偵に頼って、浮気の証拠から交渉の準備をすすめてはいかがでしょうか。


PAGE TOP ▲