浮気相手と出会いの場所はどこ?浮気をする人が進んで行く場所とは。

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた


浮気相手と出会いの場所は?どこで浮気相手と知り合うのか

「妻がどうやら浮気しているみたいだ」
「彼氏の行動が最近怪しい」

など浮気を疑っている場合、気になるのは浮気相手がどんな人かということです。

今回は、男女が浮気相手と出会う場所について解説していきます。
パートナーの浮気を疑っている方は、浮気相手の推理に役立ててみてください。

浮気相手との出会いの場所

@ クラブ・バー

クラブ(昔はディスコ)はいつの時代も男女の出会いの場所になっています。
道では声をかけるのがためらわれるような人であっても、クラブでは声はかけ放題です。

クラブでは、「ナンパする人がいる」「ナンパされる可能性がある」というのは暗黙の了解ですから、男女ともにナンパに対するハードルが低いのです。

また、「ナンパ箱」と揶揄されるような音楽やダンスを楽しむのではなく、ナンパ目的に使用されるクラブも少なくありません。

そういったクラブには、女性の側もナンパによる出会いを期待していっている人も多く、需要と供給が一致しやすいため、恋愛関係、または性的関係に発展しやすいのです。

バーも同様に、薄暗いこと、またナンパに対する敷居が低いこと、常連になったら顔見知りになりやすいことなどから、男女の出会いの場として機能しています。

ただ、クラブやバーはお酒が入っている出会いになるので、長期的な関係になることもあれば、一度だけのワンナイトラブに終わる可能性も多いにあります。


A スポーツジム

スポーツジムは多くの人が会員として通っています。

そのため、顔見知りになりやすく、挨拶を交わすようになりやすいので、
出会いの場として機能することがあります。


スポーツジムの出会いはクラブやバーなどと違って爽やかな出会いに感じられるため、デートすることに抵抗感が低くなりやすい女性も多いようです。

また、常連客同士ではなく、ジムのインストラクターと恋愛関係になる可能性もあります。インストラクターは一対一で指導してくれたり、体にさわる機会も多いので、親密になりやすいのです。


B 同窓会

いちから関係を始めるよりも、昔知り合いだった人や、昔憧れていた人、
元恋人などと浮気をする方が簡単です。

昔恋愛感情があった人と再び出会う場所といえば同窓会です。

しばらく離れていても、同窓会で再会したことによって、焼け木杭には火が付く、
ということはよくあることです。


C 出会い系アプリ・SNS

同窓会などで偶然元恋人に出会ってしまって恋愛が再び始まってしまった、
という本人が積極的に動かなくても浮気がスタートする場合もありますが、
「浮気相手がほしい」と積極的に考えて、浮気相手を探すパターンもあります。

その場合によく利用されるのは出会い系アプリです。
既婚者の場合でも出会い系アプリは利用することができます。
ほとんどの場合、本人確認は保険証や免許証などの年齢確認のみで利用できるため、既婚か独身かは問われません。

また、既婚者専用の出会い系アプリも近年では登場しています。
出会い系アプリは、本人の魅力さえあれば、いくらでも新しい男女と出会うことができるため、出会い系アプリ依存のようになって、何人もと浮気を重ねてしまう人もいます。

また、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSを出会い系のように使用している人たちもいます。

趣味のつながりを利用してオフ会をしたり、個人的に一緒に趣味のイベントに誘うなどして、出会いを作り出している人たちもいるのです。

D 職場

職場の同僚や上司、部下と浮気をしてしまうことはよくあります。
なぜなら、職場の同僚はほぼ毎日会うために、
好きになりやすいということが理由のひとつとして挙げられます。

また、二人で共同のプロジェクトを一緒にする場合もあり、
親しくなりやすいのです。ときには二人で出張する、といった可能性もあります。

憎からず思っている人と、出張先のホテルで二人きりになった場合、
過ちがおこりやすいことは想像に難くありません。


浮気相手を簡単に見つける時代

今回は、浮気相手との出会いの場所について解説してきました。

主婦など家からあまり出ない生活をしている人であっても、
ネットが発達した現代、浮気相手と出会う可能性は多いにあります。

パートナーに浮気してほしくないと思うなら、
こういった出会いの場所に行くことを禁じるのは逆効果でしょう。

一人の時間があるかぎり、本人が望めば浮気相手と出会える場所に行くことは可能なのです。浮気を防止するためには、パートナーに浮気しても何のメリットもない、と思わせておく必要があります。

たとえば、浮気をしたら即あなたを失う可能性があることを認識させておくことも効果的です。

そもそもですが、二人の関係に満足しているならば、誰も浮気しようなんて思いません。相手を束縛しようとするのではなく、二人の関係をどうしたらより良いものにできるのか、しっかり考えていく必要があるでしょう。

PAGE TOP ▲