盗聴器の電波が受信できる距離

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた


盗聴器の種類によって盗聴可能な距離が違う?盗聴発見のプロが解説!


盗聴器は種類によってその特性に違いがあり受信距離も変わってきます。
アナログ盗聴器であれば20m〜100mという受信範囲に対してデジタル盗聴器は携帯電波が届く範囲であればどんなに離れていても盗聴は可能です。
それぞれのメリットとデメリットを知ることが盗聴器を知る上での基本となります。


盗聴器にはどんなタイプがある?


よく耳にするのはコンセントに仕掛けるタイプの盗聴器ですが、これは「電波を発する盗聴器」で遠隔地から盗聴を行うことが出来ます。
遠隔地から盗聴を行う電波式盗聴器には「アナログ電波」「デジタル電波」を使用したものがありますが、それぞれ性質に違いが見られ、特に受信距離に大きな違いが見られます。


「アナログ電波を利用した盗聴」と「デジタル電波を利用した盗聴」では、受信距離に違いがある


・「アナログ電波を利用した盗聴の場合」

受信距離:20m〜100m(電波の受信環境によって異なる)

アナログ盗聴器はアナログ電波を使用して盗聴を行います。
電波が届く範囲はそれほど広くないため、盗聴するためには盗聴器を仕掛けた場所から100m以内にいなければいけません。

アナログ盗聴器は種類や販売個数も多いため容易に手に入ります。

コンセントタップ型やコンセント内部に仕掛けるクリップ型など仕掛ければ半永久的に盗聴が行える一方、電源が供給できる場所にしか仕掛けられないといったデメリットもあります。

盗聴器発見器があればアナログ盗聴器を見つけることはそれほど難しくはありません。
例外として、盗聴器の電源のオンオフを遠隔操作できるものや盗聴電波が一定周期で変わっていく特殊な盗聴器もあるので、その場合は専用の盗聴器発見器を使用しないと見つけることは出来ません。


・「デジタル電波を利用した盗聴の場合」

受信距離:携帯電波が届けばどこでも受信可能

携帯電話に使われているデジタル電波を利用した盗聴器なのでデジタル盗聴器と呼ばれています。
携帯の電波が届く範囲であれば日本全国どこにいても盗聴が可能な盗聴器です。

デメリットとしては端末が大きいため隠し場所が限定されることと、携帯電話の電源がなくなれば盗聴器として使用できなくなるという欠点があります。

デジタル盗聴器は市販されている盗聴器発見器では見つけることができません。
プロが使用するスペクトラムアナライザという機材を使用して盗聴発見調査を行う必要があります。

スマホアプリを使用して盗聴を行う方法もあるので、アプリの不正使用にも気をつけなければいけません。
アプリは盗聴だけでなく盗撮、メールの履歴確認、電話の発着信履歴も監視されてしまうのでとても恐ろしいツールとなります。


盗聴器の受信距離で対策も違う


盗聴器の受信距離の違いを大まかに別けると、先ほどご紹介したアナログとデジタルで受信距離がまったく異なります。

また、受信距離が違うだけでなく、盗聴器としての特性にも違いがあるため、盗聴対策を行う際は、アナログとデジタルの両方でそれぞれ対策を行う必要があります。

特にデジタル盗聴器は、携帯電話の電波が届く範囲ならどこからでも盗聴電波を発信と受信が可能で、移動中の車でも盗聴ができます。

盗聴対策を行うのであれば、盗聴器の電波がどれぐらいの距離で受信ができるのか、その電波の届く範囲で怪しい人物が存在しないかなど警戒してください。


PAGE TOP ▲