電話が盗聴されているときのサイトとその対策方法とは

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた


盗聴されていませんか?固定・携帯電話の盗聴サイン・対策を紹介

あなたの電話、盗聴されていませんか?

実は、日本では盗聴器を販売すること、購入することは違法ではありません。

つまり誰もが手軽に盗聴できる時代なのです。
それゆえ、気が付かないうちに盗聴されていた、という被害も少なくありません。

盗聴されてしまった場合は、できる限り速やかに盗聴をストップする必要があります。今回は、あなたの固定電話・携帯電話が盗聴されていないか調べる方法、また盗聴が疑われる場合の対処法をご紹介します。

盗聴は、後に盗難や暴力、ストーキングなど、大きな犯罪につながる可能性があります。盗聴段階で次の犯罪の発生を未然に防ぎましょう。


固定電話の盗聴が疑われるケース

まずは、固定電話が盗聴が疑われるケースについてお伝えします。

@ 使っていない電話なのに、変な音がする

本来、電話は使用していないときに音が出る仕様にはなっていません。

電話を切っているにも関わらず、ダイヤル音が聞こえる場合、盗聴が疑われます。
また、ピーっという音や、クリックする音などのノイズが聞こえる場合も要注意です。


A 空き巣に入られた

空き巣に入られた後は、固定電話に盗聴器を仕掛けられている可能性が高まります。

特に、空き巣に入られた形跡はあるのに、金品を奪われた形跡がなかったという場合には、盗聴器を仕掛けることが目的で侵入されたというケースも考えられます。


B 家具の位置が変わった

また、空き巣に入られたという確信がなくとも、家具が移動していた場合も要注意です。
気が付かないうちに何者かに侵入され、盗聴器を仕掛けられている可能性があります。

C 電話会社・修理会社を名乗る人が現れて電話をいじっていった

電話会社・修理会社を名乗る人が固定電話を修理するという名目で家に上がり込むことがあります。

警戒しておらず、かつ無償である場合、他人に固定電話をいじることを許可してしまいがちです。
ですが、そういった業者のなかには、盗聴器を仕掛けることを目的とした人たちもいるのです。
業者に固定電話を触られて依頼、個人情報が洩れている気がする、という場合は盗聴されている可能性を疑いましょう。

携帯電話の盗聴が疑われるケース


次に、携帯電話の盗聴が疑われるケースについて確認しておきましょう。

@ バッテリーの熱さを確認する

携帯電話を長期で使用していないにも関わらず、バッテリーが熱くなっている場合、盗聴機能が作動している可能性があります。

ただ、バッテリーは携帯電話の使用年月が長くなれば、劣化により使用していなくても熱を持つ可能性もあります。

新しい携帯電話で、なおかつ使用していない状態なのにバッテリーが熱い、という場合は盗聴が疑われます。


A 充電する頻度を確認する

今までは一日一回の充電でよかったのに、数時間で充電が必要になってしまった、なんてことありませんか?

そういった場合、携帯電話を使っていないつもりでも、中の盗聴機能が活動しているため、バッテリーの持ちが悪くなっている場合が考えられます。

ただし、充電頻度に関しても携帯電話が単に古くなっているだけという可能性も考えられます。
新しい携帯電話で、なおかつ使用頻度が変わっていないのに充電頻度が異常に多くなった、という場合は要注意です。


B 電源を切ってみる

普段携帯電話を使用していると、電源をシャットダウンする機会はあまりないかもしれませんが、盗聴チェックのためには、電源を切ってみることをお勧めします。

盗聴機能が働いている場合、シャットダウンに異様に時間がかかったり、シャットダウンができない状態になっていることもあります。

盗聴されてるかも!あなたのとるべき対策は?

@盗聴発見器を使う

盗聴発見器は気軽に購入することが可能です。
市販の盗聴器発見器はどこまで使えるのか?


盗聴発見器を使って盗聴の有無を調べましょう。
盗聴されていると分かり、盗聴器を見つけた場合は、一刻も早く盗聴器を取り除いてしまいたいというのが人情だと思います。

ですが、実は、盗聴器を除去するためには資格が必要なのです。
ですから、盗聴器を見つけた場合は自分で取り外してしまわずに、
警察に除去を依頼しましょう。

Aアプリを使う

携帯電話に盗聴が疑われる場合は、『盗聴発見アプリ』をインストールしましょう。


B電話会社に相談する

固定電話に盗聴が疑われる場合は、電話会社に相談してみるのも一案です。
電話会社によっては本格的な盗聴発見器を使って調査してくれる場合があります。

最後に

今回は、固定電話・携帯電話に分けて、盗聴が考えられるケースと解決策をご紹介してきました。

盗聴器を購入することは犯罪ではありませんが、許可なく盗聴器を設置し情報を盗み出すことは立派な犯罪です。

盗聴器を見つけ出した場合は、すみやかに警察に相談するようにしましょう。
また、盗聴器を仕掛けられることを未然に防ぐためにも、家の防犯には日ごろから気を配っておきましょう。


PAGE TOP ▲