盗聴アプリを使ったスマホの盗聴とは

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた


盗撮アプリに注意!危険な盗撮アプリを発見する方法!



電話にネットにSNSにと大活躍のスマホですが、
そのスマホを使った盗聴の被害が急増しています。

犯罪に直結しそうな盗聴が可能なアプリがスマホに存在していること自体が
問題のように思えますが、そもそも別の目的で製作されたアプリが、
盗聴や盗撮といった行為に悪用されているのが現状です。

そんなスマホの盗聴・盗撮アプリの特徴や対策を考えておきましょう。


元々は紛失対策アプリが多数



今やスマホがないと仕事にならないという人も多いかと思いますが、
そもそも盗聴や盗撮が可能なアプリは、スマホ紛失時の対策用として
制作されたアプリ
が悪用されているケースが目立ちます。

もうひとつは、企業が社員に貸し出す仕事用のスマホに、
悪用防止のためスマホの使用を監視する目的で作られたアプリ
悪用されるケースもあります。

どちらもアプリとしては必要なものですので、
これらのアプリがなくなることはないでしょう。

つまり、盗聴可能なアプリはなくなることがないということになります。
なくならないのであれば対策をするしかありません。

では、そんなアプリの特徴を知り、きっちり対策できるようにしておきましょう。


盗聴アプリのタイプは2種類

ここでは総称として「盗聴アプリ」としますが、
これらのアプリのタイプは2種類に分けることができます。

録音タイプ

まずは「録音タイプ」。

これはボイスレコーダーとして使えるアプリに多く、
長時間バックグラウンドで作動し続けます。

録音したデータを基本的にそのスマホ内に蓄積されますが、
アプリによってはそのデータを外部から取り出せるタイプの物もあるようです。

このアプリをインストールされると、普段生活している間の生活音や、
友人・知人との会話もすべて盗聴されてしまうことになります。

遠隔操作タイプ

続いて「遠隔操作タイプ」。

こちらは標的となるスマホを、外部のPCなどから遠隔操作をするタイプになります。
遠隔操作はネット回線を通じて行いますので、いわゆる盗聴器の電波を
飛ばすタイプのように、盗聴器の近くでないと聞こえないということはなく、
離れていても操作が可能ということになります。

ではこれらの盗聴アプリは実際なにができるのでしょうか?


音声録音や撮影、さらにデータチェックまで


盗聴アプリでできることは、上でも少し触れた通りまずは録音です。

録音といってもボイスレコーダーのように周囲の音を拾うタイプもありますし、
電話の通話内容を録音できるものもあります。

通話内容を録音するタイプには、電話をかける、
またはかかってくると自動で起動するタイプもあり、こうなると
電話の通話内容は筒抜けといういことになります。

盗撮に関してはスマホ搭載のカメラを利用する形になります。
盗撮ができるアプリの中には、シャッター音を消す機能が
ついているものはもちろん、動体認識タイプの物も確認されています。

動体認識タイプは、レンズが動くものを検知すると自動的にシャッターを切るため、大量の画像が盗撮されることに。

本人が写らなくても、いつどこで誰と一緒にいたか、などの
情報が筒抜けになってしまいます。


さらにスマホ自体を遠隔操作できるアプリを使えばメールや通話の履歴から、
SNS上の書き込みなどもチェックが可能。

アプリひとつで個人情報が漏れてしまう可能性もあるのです。



盗聴アプリを発見する方法は?



ではそんな恐怖のアプリを発見する方法はあるのでしょうか?

いくつか考えられる方法はあります。

そもそも盗撮アプリの多くは、ひっそりあなたのスマホに仕込まれています。

それを見つけるには、まず自分のスマホのアプリ一覧をチェックすること。

そこに見覚えのないアプリがあったらアンインストールしましょう。
これが一番分かり易い方法です。

しかし、こうした盗聴アプリには、ステルス機能を持つアプリも少なくありません。
この手のアプリはアプリ一覧には出てこないので厄介です。

そんな場合は設定から「現在稼働中のアプリ」をチェックしてみましょう。


(※Androidスマホの、「設定」をタッチ)


(※設定から、「アプリ」をタッチ)


(※アプリの「すべて」から確認できます。)

アプリ一覧には出てこなくても動作中のアプリには出てくるものもあります。
ただしこの場合は、アプリが起動していることが条件となります。

長時間録音している、ボイスレコーダー系の盗聴アプリなどは
この方法で見つけられるかもしれません。

最後の手段はスマホの初期化です。

この方法は最終手段ですから、準備をしっかり行ってから実行しましょう。

スマホ内のデータの移管、外部サービスのアカウント保存、
Googleアカウントの解除、SDカードの初期化などを行い、
初期化した後速やかに元の状態に戻せるようにしてから行うのがオススメです。


盗聴器発見アプリは盗聴アプリに有効か?



こういった盗聴アプリに対抗するために、
盗聴器発見アプリというものが存在します。

しかしこのアプリあまり意味がないようです。

というのも盗聴アプリは日々進化しており、
旧式の発見アプリでは対応できていないのが現状。

対応できるアプリが出るころには、さらに進んだ盗聴アプリが出るという
状態ですので、今ダウンロードできる対策アプリはあまり頼りになりません。

また、一時期twitterなどのSNS上で、「*#06#」に電話すると画面に
文字列が表示され、その文字列に「_(アンダーバー)」が表示されると
そのスマホは盗聴されているという噂が流れ、この噂を真に受けた多くの人が
電話をし、表示された文字列のスクリーンショットをネット上に
アップするのが流行りました。

しかしこの噂は真っ赤なウソ。

「*#06#」に電話をして表示される文字列はIMEIという端末の識別番号。
端末固有の番号で、盗聴とはまったく関係ありません。

むしろ端末の識別が可能な番号であり、
考え方によっては個人情報の一部になります。

スマホの盗聴対策は画期的な物がないだけに、
こうしたあり得ない噂が流れ、それを信じてしまう人も
続出しますが、こういったうわさはまず疑ってかかることをオススメします。


盗聴アプリの使用は犯罪になるのか



このように一度インストールされるとなかなか気づきにくく、
厄介な盗聴アプリ。しかし現行法には盗聴自体を取り締まる法律はありません

「盗聴をした」という事実だけでは、これを裁く刑法はなく、
訴えるとすれば民事裁判で損害賠償の請求を行う裁判を起こすしかありません。

ただし、他人のスマホに勝手にアプリをインストールする行為や、
他人のスマホを遠隔操作する行為は、
刑法168条「不正指令電磁的記録に関する罪」にあたります。

犯人を取り締まるには、遠隔操作をしている証拠か、
スマホを勝手に操作された証拠が必要となります。


盗聴アプリ対策とは

盗聴アプリ対策としては、まず自分のスマホにイタズラをされないように
するのが重要です。パスコードはもちろん自動ロックの設定時間を
短くするのも有効な対策。


さらに当然ですができるだけ肌身離さず持ち歩くことで
随分被害を防ぐことができるはずです。

一番危ないのは、スマホを紛失した後。

運よく出てきたとしても、手癖の悪い人に拾われた場合、
悪質なアプリをインストールされている可能性は否定できません。
もしスマホを紛失した場合は、一度初期化をすることをオススメします。

PAGE TOP ▲