女性が理想とする彼氏や旦那の条件とは

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた

女性が「理想の彼氏・旦那」に求める3つの条件


恋愛と結婚はまったく別モノ」と考える人と、
恋愛の延長に結婚がある」と考える人、両パターンあり、
どちらも間違いではありません。

ただし、「恋愛の延長線上に結婚がある」と考えている人であっても、
この人は彼氏としては最高だけど旦那としてはちょっと……」と考える人もいるでしょう。

やはり、恋愛向きの男性と結婚向きの男性には、違いがあると考えるのが
妥当でしょう。

今回は、女性が考える、理想の彼氏と理想の旦那に求める条件について解説していきます。両社を比較してみると、彼氏と旦那に女性が期待することにはかなり差があることがお分かりいただけると思います。

女性が理想の彼氏に求める3つの条件

まずは、女性が理想の彼氏に求める3つの条件についてみていきましょう。

女性が理想の彼氏に求める条件 @ カッコよさ


女性の理想の彼氏に求める条件、
第一の、そして最も重要なことは、カッコよさです。

なぜなら、恋愛とはトキメキが必要であり、
カッコいい彼氏でなければトキメクことは不可能だからです。

ルックスのカッコよさは、とくに若い年代では重視されます。
学生時代などは、まだ職業などで収入や将来性の格差が生まれていないため、
比較材料はいきおいルックスに重点が置かれがちです。

社会人になると、ルックスのカッコよさに加えて、
職業上のカッコよさを重視する女性も現れます。

たとえば、「弁護士」「パイロット」など、なんとなく知的だったり、
カッコよさげに見える職業には人気が集まります。


女性が理想の彼氏に求める条件 A 愛情の表現


彼氏と彼女というのは、婚姻届を出しているわけではなく、
なんの契約もしていない状態であり、実はかなりもろい関係性です。

そういった関係性を維持していくためには、彼氏からの愛情表現が重要になります。

日本人男性は、年配の人はとくに愛情表現が苦手です。
ですから、愛情をきちんと言葉で表現してくれたり、
何もない日に花束をプレゼントしてくれる、など、

ときにはストレートに愛情表現することに憧れを抱く女性も多いのです。

女性が理想の彼氏に求める条件 B 一途さ


恋人関係はどちらか一方の浮気によって終わりを告げることがよくあります。

女性の中には、愛されているという自信が無く、不安を感じている人もいます。
そういった人にとって、彼氏が一途で、決して他の人とは浮気をしないという確証がもてることは幸せなことです。

契約書を交わしているわけではない恋人関係だからこそ、誠実さ、
一途さが求められます。


女性が理想の旦那に求める3つの条件

次に、女性が理想の旦那に求める条件について確認していきましょう。

女性が理想の旦那に求める条件@ 家事・育児を「手伝う」感覚が無い


現代では、多くの家庭が共働きです。
共働きの場合、夫婦は家事分担でもめることがよくあります。

一番妻がいらだちを感じるのは、多くの男性が、
家事・育児を「手伝う感覚から抜け出せていないことです。

同じくらい、または妻の方が稼いでいる場合であっても、
旦那は家事を妻に任せきり、というパターンもあります。

そういった女性たちにとって、理想の旦那というのは、家事・育児を妻の仕事と考えず、自分ごととしてとりくめる男性のことです。

女性が理想の旦那に求める条件A 安定した収入


彼氏・彼女の間柄であれば、彼氏がバンドマンや夢追い人であっても、
「カッコいい」とトキメいていられますが、結婚となるとそうはいきません。

結婚生活の維持、子供の養育、マンションの購入には、
継続して安定した収入と社会的信用が必要です。

多くの女性にとって、一発当てた芸人よりも、地方公務員の方が人気が高いのは、
その安定性と社会的信頼のためです。まれに、女性に経済力がある場合は、男性に安定した収入を求めない場合もあります。

その場合は、収入が無い部分を補うための容姿や家事能力が問われるのは、女性の場合と同じです。

女性が理想の旦那に求める条件B 落ち着いた精神状態


夫婦生活は何十年も続きます。

毎日一緒にいるのですから、怒りっぽかったり愚痴っぽかったりする男性は好まれません。理想的は、穏やかで、いつも落ち着いている男性です。

さらに、危機的状況になっても悲観せずに、楽観的側面を見つけ出して前向きに解決できる精神力があれば完璧です。

女性は、結婚生活を穏やかに継続して営んでいきたいと考えています。
そのため、理想的には夫は人格者で落ち着いた大人の男性がよいと考えています。

最後に

今回は、女性にとっての理想の彼氏と理想の旦那について解説してきました。

それぞれ3つご紹介しましたが、恋人と旦那に求めるものにはかなり違いがあることがお分かり頂けたと思います。

もしあなたが男性で、彼女と結婚したいと考えているならば、上記を参考にして、
「自分は彼氏にしているだけではなく、旦那にしたらより良い男である」
ということをアピールしてみてはいかがでしょうか。


PAGE TOP ▲