浮気の慰謝料が請求できないケースとは

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた


浮気の慰謝料が請求できない6つのケースとは?

自分のパートナーが浮気していたら、許せないですよね。

できれば慰謝料を請求してしっかり償ってもらい、反省を促したいところです。
通常、浮気の慰謝料の相場は40万〜200万円ほどだと言われています。

この慰謝料を、パートナーおよび、浮気相手の両者に請求することができるので、
うまくいけば80万〜400万円ほどの慰謝料を手にすることができます。


ですが、場合によっては、パートナーが浮気をしているにも関わらず、
浮気の慰謝料が請求できない場合もあります。

今回は、浮気の慰謝料が請求できないケースを簡単にご紹介していきます。
「確実に浮気の慰謝料をとりたい」という方はぜひ参考にしてみてください。

浮気相手に慰謝料が請求できないケース

浮気の慰謝料は、パートナーだけではなく浮気相手にも請求できますが、ここでは、例外として浮気相手に慰謝料を請求することができないケースをみていきましょう。

@既婚者だと知らなかった

たとえば、妻が浮気相手の男性と「婚活サイト」で出会ったとします。
婚活サイトは、表向きは、結婚を望んでいる独身男女が登録するものです。

そこで出会った男性と関係を持ち続け、妻が「自分は独身だ」とウソをつき続けていた場合、浮気相手の男性に非はありません。

むしろ、この浮気相手の男性は、騙された被害者であるという見方もできます。
このように、「自分は独身だ」と浮気相手に嘘をついて関係を続けていた場合には、浮気相手に慰謝料請求することはできないのです。

A浮気相手の意思ではなかった

法律上の浮気とは、不貞行為、つまり肉体関係のことです。
強姦などで力づくで肉体関係を結んだ場合、浮気相手は完全なる被害者ですから、
当然慰謝料を請求することはできません。


配偶者・パートナーに慰謝料が請求できないケース

つぎに、配偶者・パートナーに慰謝料請求ができないケースもみていきましょう。

@婚約も結婚もしていなかった

婚姻関係がある場合は請求はできます。
また恋人同士であっても、きちんと婚約しているという証拠があれば、
慰謝料請求は可能です。

ですが、婚姻の意志のないただの恋人同士の関係であれば、
慰謝料は請求することができません。


A 夫婦関係がすでに破綻していた

婚姻関係が完全に破綻したあとで浮気が始まった場合は、慰謝料は請求できません。
「婚姻関係が破綻していたか否か」は様々な要因をもとに判断されますが、
分かりやすいのは、別居していた期間があるかどうか、です。

別居期間が3年〜5年ほどになる、など長期化している場合は、
「すでに婚姻関係は破綻していた」とみなされ、その間浮気をしていた
としても慰謝料請求が不可能な場合があります。


B 証拠がなかった

当然ですが、「浮気しているかもしれないから」という理由で
慰謝料の請求はできません。


裁判で勝つためには、きちんとした証拠が必要です。

日常生活の中であれば「愛してるよ」などのラブラブメールがあればそれだけで
浮気の証拠として十分だと考えるかもしれませんが、裁判ではメールや
ラブラブなツーショットなどだけでは浮気の証拠として弱いケースもあります。


浮気の証拠として確実なものは、
「ラブホテルへの出入り写真」、「浮気相手の自宅への出入り写真」などです。

浮気の慰謝料をとるためには、「肉体関係」が証明できなければなりません。
本人が浮気を否定し、証拠もまったくない状態では、慰謝料をゲットすることは
難しいと言えるでしょう。


確実な証拠を手に入れたいならば、探偵事務所や興信所に依頼し、ラブホテルなどへの出入り写真を押さえておくとよいでしょう。

C時効が過ぎていた

浮気にも時効はあります。浮気の時効は、

@配偶者の不貞行為および浮気の事実を知った時から3年間
A不倫関係が始まったときから20年間、のどちらか短い方を基準に判断されます。


「浮気をしたのは知っている。いつか慰謝料を請求してやる」と思って、訴えるのを保留にしていると、いつのまにか時効を迎えていた、ということにもなりかねません。

慰謝料を請求したいなら、浮気の証拠をつかんだ時点で速やかに請求しておくのが得策でしょう。

浮気の慰謝料が請求できない場合もある

今回は、浮気をしている(いた)にも拘わらず、慰謝料を請求することができない
6つのケースについて解説してきました。

浮気をされた方は心に深い傷を負うことがよくあります。
慰謝料請求を行うことで、その傷がすべて癒えるわけではありませんが、浮気した配偶者に後悔の念を抱かせるためには有効な方法である場合が多いのも事実です。

「慰謝料請求したい」と考えた場合、浮気にも時効があることを認識し、浮気の証拠をしっかりと押さえて、速やかに請求を行いましょう。


PAGE TOP ▲