アメリカと日本の探偵の違いとは

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた

アメリカと日本の探偵はどこが違う?日米の探偵の違いとは

日本の探偵と比べて、アメリカの探偵はかっこいい人が多いですよね。

華麗に事件を解決する姿には惚れ惚れします。

ところで、アメリカの探偵は、殺人事件など刑事事件も次々と解決していますが、これは日本では考えられないこと。

そうです。日本とアメリカの探偵というのは、許されている仕事内容も、社会的地位も、なり方も全く違うものなのです。

今回は、アメリカと日本の探偵の違いについて簡単に解説していきます。


アメリカと日本の探偵の違い

1. 探偵業を行うための届け出

日本では探偵になるためには、探偵事務所に就職するか、探偵事務所を解説するか、いずれかの方法でなることができます。

探偵事務所に就職するためには、特別な免許などは必要なく、車の免許があり、やる気があれば探偵になることは難しいことではありません。

警察のOBが探偵になるケースも多いですが、異業種からチャレンジすることも可能な世界です。

探偵事務所を解説する場合には、探偵業法に基づき、届け出をする必要があります。

この届け出をせずに探偵業を営んでいたことが発覚した場合には、行政処分が下され、しばらくの間営業停止になります。

届け出は比較的簡単に受理されます。

つまり、日本で探偵を始めることは比較的容易なのです。

ただし、実力が伴っていなければ、継続することは難しいでしょう。

一方、アメリカで探偵をするためには、探偵業のライセンスが必要になります。

探偵業ライセンス取得のためには、 「18歳以上であること、身分証明書を提示できること、前科がないこと・心身ともに健康であること、過去の仕事の経験などから探偵としての能力があること」が必須です。

また、面接と筆記試験も課されているので、探偵になるには日本よりはるかに大きな負担が強いられていると言えます。

探偵業のライセンスをとるのが難しいにも関わらず、探偵を目指す人が多いのは、ライセンスを取得することによって、アメリカの探偵は大きな権限を得ることができるからです。

2. 拳銃の所持

アメリカで探偵になることによって得られる権限は多様です。

そのひとつに、(州によって異なりますが)拳銃の所持があります。

また、警察関係の情報の閲覧も可能になります。

たとえば、全貨車のリスト、公共料金などの個人データ、社会保障番号のデータ照会・離婚歴の照会・クレジットカードの利用明細、なども確認することができるようになるのです。

日本の探偵には、アメリカの警察のような権限はありません。

拳銃の所持も、日本の場合には警察のみが許されています。

これは、アメリカが銃社会であることも関係しているのでしょう。

3. 刑事事件が調査できるか

アメリカの探偵に犯罪歴などを閲覧できる権利が付与されている背景として、アメリカの探偵は、刑事事件を扱うことが許されているから、というものがあります。

アメリカの探偵は、凶悪犯を調査することも許されているのです。

一方、日本の探偵にそこまでの権限はありません。

日本の探偵の場合、調査対象は、素行調査・不倫調査・ストーカー調査などがメインになります。

日本人がアメリカの探偵になることはできる?


これまで、アメリカと日本の探偵の違いについてご紹介してきました。

アメリカの探偵は日本の探偵に比べて、なるのが難しいが、できる仕事も権限も大きい、ということがお分かりいただけたと思います。

日本人も、アメリカで探偵になることは可能なのでしょうか?

絶対に無理というわけではありませんが、ビザがきちんとあることや、英語力は必須となります。

面接や筆記試験はもちろん英語で行われますし、探偵としての能力があることを職歴などから示さなければなりません。

そのため、日本人がアメリカで探偵になることは、かなり難しいと考えておいた方がいいでしょう。

グリーンカードがあり、探偵業をするにふさわしい職歴がある日本人なら、アメリカで探偵になれる可能性はゼロではありません。


探偵は国によって扱いが違う

今回は、アメリカと日本の探偵の違いについてご紹介してきました。

アメリカと日本の探偵には権限などの面で大きな違いがあります。

ですが、共通している点もあります。それは警察のOBが多い、という点です

警察と探偵には仕事内容で共通している面もあるようです。

また、探偵には男性が多いという点でも共通しています。

探偵は肉体的に過酷な仕事です。張り込みで徹夜になることや、仕事が深夜から始まることもあります。

また、アメリカの場合は、刑事事件も扱いますから、凶悪犯と対峙することなどもあり命に危険が及ぶこともあります

どちらの国でも、激務をともなう仕事であることは明らかです。

探偵業は、9時5時で終われる仕事ではありません。

ですが、依頼人から感謝されることの多いやりがいも多い仕事です。気になった方は、探偵事務所のHPなどで求人が出ていないか確認してみましょう。


PAGE TOP ▲