人探しの料金相場はいくら?人探しの方法によって料金が違います。

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた

人探しは無料でもできる?料金の相場と費用を抑えるコツ

人探しの料金相場と費用

「大切な人が行方不明になった」
「かつてお世話になったあの人と連絡を取りたい」
そういった理由で人探しをしたい、と思う人もたくさんいらっしゃることでしょう。

けれど、「探偵に依頼したら高額な費用を請求されそう」など二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、人探し料金の相場について解説していきます。
費用を抑えるコツや依頼時の注意点についても触れますので、人探しをする前に是非チェックしてみてください。


人探しを無料ですることはできる?


人探しは、どのような方法でするかによって料金がことなってきます。

人探しの方法は、大きく分けて「自分で探す」「警察に依頼する」「探偵に依頼する」の3つの方法が考えられます

@ 自分で探す



例えば、昔の恋人が何をしているのかを探すために、
FacebookやMixiなどを使って調査した場合、料金は無料で探し出すことが可能です。

ビラを作ったり、新聞広告を打つ場合は、印刷代、広告費用などがかかります。

自分で探す場合は費用は比較的安く済みますが、人探しのプロではないので、
難易度の高い調査はできないというデメリットもあります。

Facebookで人探し!Facebookを使った人探しの方法を画像解説

A 警察に依頼する



警察に行方不明者の捜査を依頼した場合、料金は無料です。
ただし、成人した大人が「昨日家を出て2日間帰ってこない」などのケースだととりあってもらうことはできません。

警察が人探しに動くのは基本的には「行方不明者に命の危険がある場合」または
「事件性があるという証拠がある場合」のみです。

B 探偵に依頼する



探偵に依頼する場合は、それぞれの探偵社によって料金は異なります。
法律で、探偵が行う調査は料金を自由に設定できると定められているため、
料金にばらつきがあるのです。


とはいえ、ある程度相場はあるので、次の章で相場について説明していきます。

誰でもできる!試してみたい人探しの方法12選


探偵に依頼した人探しの相場とは?


人探しの料金は、何日間で対象者が見つかるかによって変わってきます。

というのは多くの探偵社は稼働日×人件費で料金を設定しているからです。

だいたいの相場としては、50万〜80万と言われていますが、それより大幅に料金がかかることも、かなり安く済む場合もあり得ます。

難易度が上がると人探しの料金はアップする

人探しの料金が高額になりがちなケースは、難易度が高い場合です。

難易度が高いとは
  • 情報が少なく調査に時間がかかる
  • 海外も調査対象に含めるなど、探す範囲が広い
  • 調査時間が早朝・または深夜になる(探偵社によっては早朝・深夜の料金増がある)
等の場合です。

人探し料金を安く抑えるコツ


人探しは、いつまでに終わるかは分からないため、費用が高額になりがちです。
費用をできるだけ抑えたいという方は以下の方法を取り入れてみてください。

@ 依頼前にできるだけ自分で調べておく



対象者の家族・親族・友人・同僚など、できる限りの人たちにコンタクトを取り、
情報を集めておきましょう。手がかりが多ければ多いほど、捜査は簡単になります。

捜査に時間がかからなければ、その分、料金も安くなるというわけです。

事前に調べておいたらよい情報としては、
  • 対象者の職場や学校の名前・場所
  • 対象者が失踪した当時の身体的特徴および服装
  • 対象者の交友関係
  • 対象者の失踪原因
です。

A 探偵と人探しの方法を相談する



人探しの方法には様々な方法があります。

多くの調査員を同時に使った調査は、高額になりがちです。

使える料金に制限がある場合は、できるだけ高額にならない人探しの方法を行ってもらうように依頼しておきましょう。

人探しを依頼する際の注意点


次に、実際に人探しをする際の注意点について確認しておきましょう。

@信頼できる探偵社をえらぶ



探偵になるためには国家資格は必要ありません。

そのため、探偵社は玉石混交であり、注意深く信頼できる探偵を選ぶ必要があります。悪質な業者に引っかからないためにも「探偵業の届け出をきちんと出しているか」「料金の設定が相場から逸脱しておらず、説明も丁寧か」「いいことばかり記載した誇大広告を出していないか」などを確認しましょう。

A 依頼まえに集めておくべき情報



行方不明者を探す場合、どんなに優秀な探偵でも、全く手掛かりが無い状態では探すことは不可能です。依頼前にはできるだけ多くの情報を集めておきましょう。

写真・メモ・昔の手紙などは有力な手掛かりとなります。
自分だけで集めるのではなく、家族・親戚・友人・知人などできるだけ多くの人から情報を集めておくといいでしょう。

最後に

今回は人探しの料金の相場について解説してきました。

人探しを探偵に依頼する場合には、50万〜80万ほどの料金がかかることは覚悟しておきましょう。それぞれの探偵社ごとに捜査の方法や料金体系などは異なります。

探偵社によっては定額料金プランなどを導入しているところもあるので、実際に依頼する前によく料金プランについてはヒアリングしておきましょう。


PAGE TOP ▲