誰でも試すことができる人探しの方法を12個ご紹介!

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた

誰でもできる!試してみたい人探しの方法12選


「彼氏・彼女といきなり連絡がとれなくなった」
「かつてお世話になった恩師を探したい」
「夫・妻が帰ってこない」

など、人を探したいと考えたとき、とり得る方法はたくさんあります。

手遅れになる前に、なるべく早く大切な人、必要な人を見つけ出したいですよね。

今回は、自分でできる人探しの方法をご紹介します。
案外手軽にできる方法もありますので、ぜひ参考にしてみてください。


人探しの方法3種類



まず、人探しの方法について確認しておきましょう。
人探しの方法には、大きく分けて

「自分で探す」
「警察に依頼する」
「探偵に依頼する」

の三つの方法
が考えられます。

警察に依頼する場合、警察が動いてくれるケースは
「なんらかの事件性があると判明している場合」のみになります。

ですから警察に人探しを依頼できて、真剣に動いてくれるのは、
かなり差し迫った状態になってから」というのが現実です。

警察が人探ししてくれない理由とは?

探偵への依頼は、お金さえ払えばどういったシチュエーションでも可能です。
ですが、人探しは捜査が難航することも多く、かなり高額になるケースが多々あります。

また、探偵業というのは、国家資格がありません。
つまり、誰でも届を出せば探偵になることができるのです。
そういった意味で玉石混交であり、信頼できて技術の高い探偵に出会える
可能性は運次第といった面もあります。

もっとも手軽に行えるのは、自分で探す方法でしょう。
以下で、自分で人探しをする方法について解説していきます。


自分でできる人探しの方法12選


@ 人探し掲示板を利用する

インターネットにある人探し掲示板に書き込みをすることで、
情報提供を呼びかけることができます。多くの場合、掲示板は無料ですから、
こちらでも手軽に人探しができます。

A 行きそうな場所を手当たり次第探す

かなり根気がいる作業になりますが、
自宅から会社趣味の場所訪れそうな場所、などをしらみつぶしに
徒歩で探しまわることで、情報をつかめる可能性があります。

B ビラを作成する

自分で人探しのビラを作り、出没しそうなスポット付近の
マンションに配る、などして人探しを行うことができます。

C ポスターを貼る



行方不明者の顔写真と基本情報から、情報提供の連絡先を記したポスターを、
人の目に留りやすい場所に貼る方法もあります。

ポスターを貼る場所は、行方のわからなくなった場所、
駅構内商業施設などがあります。

電柱や住宅の壁にも行方不明者を探すポスターが貼られていることが
ありますが、ポスターを貼る場合、その場所の持ち主に了解を得る必要があります。

また、電柱は公共物ですので、基本的にポスターなど
勝手に貼ることはできませんので注意してください。

D 新聞広告を打つ

新聞広告に、尋ね人の広告を出すことも可能です。
ある程度の料金はかかりますが、新聞は、世代・地域を問わず
購読している媒体なので、広く情報を呼びかけることに適しています

E 携帯電話のGPSを調べる

お子さんの行方がわからないというとき、お子さんに持たせている
携帯電話のGPS記録を使って居場所を調べるという方法があります。

この方法は、携帯電話を持つお子さんには有効ですが、
お子さんが成人であったり、携帯電話を所持していないと使えません

F 聞き込みをする

探している人の同僚・知人などに聞き込みをすることで、
何等かのヒントを得られる可能性もあります。

G 私物を調べる



家族や一緒に住んでいる人がいなくなった場合、
最初にすべきことは私物を調べることです。

通帳・常備薬・印鑑・下着・衣類などが無くなっている場合、
意図的な家出である可能性が高くなります。

また、パソコンなどのデータを調べることで、
行方が分かるヒントが隠されている場合もあります。

H SNSを利用する

恩師・友人・恋人などと連絡がとれなくなった場合、
SNSを使うことで居場所を突き止められる可能性があります。
Facebook、Twitter、mixi、Instagramなどで投稿を確認したり、
共通の知人に居場所を尋ねたりと、手軽に人探しを行えます。

人探しアプリを活用!会いたい人を探すアプリ6選!使用法と注意点

I 住民基本台帳を閲覧する

探している人が「どの市区町村に住んでいるかだけは分かる」
という場合に限り、市区町村の窓口で住民基本台帳を閲覧することで、
住所を突き止めることができます。

ただし、住民基本台帳は正当な理由がなければ閲覧は許可できません。

正当な理由とは
などが挙げられます。

こういった理由がある場合は、市区町村の窓口で住民基本台帳の閲覧を
申請しましょう。

J 車の登録事項等証明書を手に入れる


これは、車のナンバーを知っている場合にのみできる探し方です。
車のナンバーが分かっている場合、運輸省が管轄する陸運支局で
登録事項等証明書」を手に入れましょう。

登録事項等証明書には、
等が記載されています。

住所を知ることができるため、相手の居場所を突き止める有力な
手掛かりとなるでしょう。


登録事項等証明書の申請方法は簡単で、
25円の申請用紙に調査したい車のナンバー
あなたの個人情報を記入・押印し、提出するだけです。

K 会社・法人の登記事項証明を調べる

行方がわからない人が会社・法人の代表、または個人事業主として
登記を行っていた場合、登記事項証明書を調べて行方を調べることができるかも
しれません。

しかし、登記事項証明書は、その会社や法人が籍を置く
法務局でないと手続きを行うことができません
また、代表者の住所がわかったとしても、その住所に探している
本人が生活をしているとは限りません。


最後に

このように、自分で人探しをする方法は、数多くあります。

ですが、事件性が疑われる場合には、自分だけで解決しようとするのではなく、
すぐに警察に相談することを心がけましょう。
捜索願の出し方とは?捜索願を警察に出す時に必要な情報と手続き

大切な人が行方不明になってしまったら、心配で冷静な判断が
できなくなってしまうときもあるでしょう。

ですから、自分だけが頑張りすぎることなく、できれば周囲の協力を仰ぎましょう。


PAGE TOP ▲