不倫中の女性が離婚を決断する理由とは?

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた


不倫中の女性が、夫と離婚を決断してしまう3つの理由


男女とも、不倫の恋をしたとしても、本気になって離婚することは稀です。ですが、ある条件が重なることで、不倫をきっかけに夫に離婚を迫る妻もいます。

今回は、不倫中の女性が夫との離婚を決断する理由について解説致します。


不倫中の女性が離婚を決意する3つの理由


@夫が家事や子育てをしない

いくら不倫の恋愛をしていて、夫との間には恋愛感情がなかったとしても、ほとんどの女性は離婚しません。なぜなら、夫に対して恋愛感情はなくとも家族愛を感じていることが多いからです。

「恋愛のパートナーとしてはもう夫のことをみることはできない。でも、家族として一生ささえあっていきたい」と考えている女性は多いのです。

そういった女性にとって、不倫はいくら本気になっても家庭を壊す要因にはなりえません。

ただし、これは、夫が家族愛に値する人である場合の話です。妻が、夫のことを「異性としてだけではなく、人として、家族としても愛せない」と判断したとき、妻は離婚を決断してしまいます。

「家族として愛せない」というのは、家庭を築いていくうえで、きちんとした役割分担ができていない、ということです。

よくあるケースが夫が仕事や遊びにばかり注力していて、家事や育児をおろそかにしている、というケースです。

共働きなのにも関わらず、掃除や料理を「女性の仕事」だと考えて押し付けているようでは、妻の不公平感はふくらんでいく一方でしょう。

共働きの場合は、男性側が「家事は女性がして当然」と考えていると、あとからしっぺ返しをくらうことになりかねません。

また、妻を怒らせないように「家事をちゃんと手伝わなければ」という態度も、育児中などのイライラしている妻には逆効果です。「手伝うって何?なんで私がメインですることが前提なの?」と憤りをぶつけられるのがオチです。

妻と末永く家族として愛し合うためには、家事・子育てをきちんと分担し、夫としての責任を果たす必要があるでしょう。


A不倫相手の子供を妊娠した

女性が、不倫して離婚を決断するというのは、よっぽどのことです。
離婚は精神的にも経済的にも消耗することが多いですから、たいていは「どうしても離婚しなくてはいけない」という状況になるまで離婚しません。

そして、切羽詰まった状況の最たるものが、「不倫相手の子供を妊娠した場合」です。悪い女性になると、不倫相手の子供だということを隠してそのまま夫の子供として産むでしょう。

ですが、隠しているのは辛いという良識をもった女性や、そもそも夫との性交渉がなく、ごまかしようがない場合などは、選択肢は二つに一つです。

不倫相手の子供だということを認めて離婚して産む、もしくは、こっそりと堕胎する。不倫相手に恋愛感情が高まっており、夫にも未練が無い場合は前者を選ぶことになります。

今の家庭が居心地がよく、壊したくないと考えている場合は、不倫相手の子供の妊娠が発覚したとしても必死で隠そうとするでしょう。

妻が不倫相手との子供を妊娠したときに、どういった選択をするのかは、普段の夫婦の関係性によって変わってきます。恋愛感情が薄れていたとしても、お互いを思いやり、平和に家族として生活していた場合は、子供を産もうと決断することはないでしょう。

一方、家庭の居心地が悪く、新しい生活を始めたいと思っていた場合は、「子供ができたのは、今の生活を変えるいいきっかけだ」と考えて離婚を選ぶことになるでしょう。


B夫の家族と折り合いが悪い

結婚は、妻と夫との結びつきであると同時に、家同士の結びつきでもあります。

不倫していた妻が離婚を決断する理由のひとつとして、「自分を受け入れてくれない家族とは離れたい」という思いが強い場合があります。

結婚するときに反対されたり、いろいろと文句をいってくる姑・舅がいる場合は、離婚に踏み切りやすくなります。

反対に、夫と喧嘩をして一時的に不倫に走ってしまったとしても、夫の両親が妻を温かく迎え入れてくれ、娘のように愛してくれている場合は、「あんなよくしてくれたご両親を裏切れない」、と離婚は思いとどまるはずです。

妻に離婚を決断させないためには、夫側も妻と自分の両親の仲をちゃんと取り持つ必要があるでしょう。いうまでもないことですが、自分の両親と妻の意見が対立したときに、両親の肩ばかりもつのはもってのほかです。


不倫した妻と関係を修復するのは不可能?


今回は、不倫中の女性が離婚を決意する理由を3つご紹介してきました。

不倫をしても、一時の気の迷いだった、とすぐに不倫を清算する女性もいれば、深みにはまって離婚にいたってしまう女性もいます。

人間ですから、ちょっとした過ちをおかしてしまうことは誰しもあるでしょう。

ですが、一時のアバンチュールがきっかけに夫婦の関係が壊れてしまうことはとても悲しいことでもあります。
離婚を防ぐためには、日ごろから夫婦の会話を大切にし、コミュニケーションをおろそかにしない必要があるでしょう。


PAGE TOP ▲